足つぼマッサージにはリラクゼーションの意味合いもある

激痛に耐えながら足つぼマッサージをしてもらうって抵抗があります。その後もしばらくは足の裏が痛みが残ったりして何のためにマッサージ新田野かわからなくなったりします。

やはりマッサージにはコリをほぐす意味もありますが、同時にリラクゼーションの意味合いもあると思います。マッサージに行ってまったく痛みがないのも「本当に効いているのかな」と不安な気持ちも出てきますので、程よい痛さというのが最もありがたい痛みではないかと思います。

マッサージが医学的に効果が証明されているのかどうかは私にとっては問題ではありません。足つぼマッサージをしてもらっている間、癒される気持ちになるか、施術が終わった時に「あー気持ちよかった」と思えるかどうかが大事です。

足裏にある胃の反射区を刺マッサージすると胃に何かの反応がでるのは間違いないし、足裏をマッサージすれば全身の血行がよくなることはサーモグラフィーなを見れば一目瞭然です。

ただ足つぼや整体の営業形態も癒しなどリラックスを目的としているところが多いので、治す目的で行くのはハードルがあるかもしれませんね。でも医学的といても、例えば薬を飲んでも全員が全員効くわけではないので、医学的に証明も何も関係なさそうですけどね。

コメントは受け付けていません。